読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラオケが、歌が、上手くなりたい人の記録(2017/4月より)

再スタート。歌と文章スキルを向上させたい人のブログ。

2017/4/24

前回から少し時間が経ってしまいました。

そのせいか、あんまり調子が良くありませんでした。特に、前まで響いていた高音部があまり響かなかったのが感じ取れました。この時の感覚は

・一部の空気が振動を伴わずに出て行ってしまっている

 

という感じでした。音域が上がるにつれ、肺から出す空気が声帯と十分にこすれ合うことなく通り過ぎてしまうという風に感じました。また、そういう時に限り、なんとかして響きを得ようと、

 

・喉をきつく締め、がなりごえで歌ってごまかそうとする

 

というのが自分の癖だとも気づきました。自分的にはがなり声(ていう呼び方が正しいのかはわからないけど)を使いこなす歌手や、使われている歌が大好きなのでそれもあって使ってしまうことが多いのです。

しかし、その声で歌った後には、いくら脱力しているとはいえ、(脱力の感覚は染み付いてきた)痛みが多少残るので、喉にはよくないのだろうと思います。特に高音部の発声でこれしてると、多分1曲歌うときつい。。。

 

そこで、難しいとは思うのですが、次回の練習の目標として、

「がなり声を禁止」

を設定して見ます。これで調子が良かったり、何か上達したと感じたら続けていきたいし、特になければ勝手にこの目標は消えていくことでしょう。