読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラオケが、歌が、上手くなりたい人の記録(2017/4月より)

再スタート。歌と文章スキルを向上させたい人のブログ。

歌に関する履歴と現状の実力

忙しくて、ヒトカラに行けずにもどかしい。。。

 

練習前に一度、現状について書き留めることにします。後で読み返す時にも成長が実感できるだろうし、読んでくれる人にも参考になると思うからです。

(ネットや本で流れているボイトレ用語を使用しておりますが、個別の説明は省かせていただきます。)

 

まず、現状の実力について。

・発声

音域 最低音 lowE#  最高音(地声)hiA 最高音(裏声)hiG

あくまで、ピアノで弾いた音に合わせて、地声で「あー」、裏声は「いー」なら出すことができる音域。

歌やテンションなどの条件付きならば地声でhiCが出たり、裏声もhihiAが出ているような時もあるが、安定して出せるわけではないのでノーカンで。

歌っていて楽、頑張る必要のない音域は、lowGからhiF くらいまでです。

 

ミックスボイス (ミドルボイス?)

未習得。つまり、裏声と地声が一本化されていない。換声点が目立つ状態。

 

・歌唱力

カラオケでの点数と評価(DAM精密採点DX)

平均80点。最高は92点(デジモンの「WE ARE クロスハート!」という曲。)

音程を外してしまうことが多いのか、あまり点数はよくない。

 

自己評価

ビブラートやがなりみたいな声を多用してしまう癖がある(特に音域に余裕がある曲)。

 

とこんな感じです。総合的に見ると、下手ではないけど・・・。って感じだと思います。

 

次に、歌に関する練習歴です。

ヒトカラに通いだしてから約半年です。歌いなれたおかげか、最初の頃よりも声の出し方は楽になったと思いますが、音域はほとんど伸びていません。

 

実は、高校時代には合唱部に所属していたのですが、努力不足か、指導が悪かったのか、卒業することには総合的に見て歌が下手になったと感じました。ポップスと声楽の発声法の違いも関係してくるかもしれません。

 

練習法も、様々なものに取り組みましたが、これは少し長くなりそうなのでまた別の機会に書きたいと思います。

 

とりあえず練習と記録を一年続けたいです。そして、一年後は、今よりも格段に実力が上がって、歌いたい曲をのびのび歌えるようになっている自分になれるように頑張りたいです。